« 新潟中越地震の支援活動報告(雪掘り) | トップページ | 災害情報支援システム研究会 »

2005.02.13

ユビキタス探検隊

静岡科学館「る・く・る」で「ユビキタス探検隊」というイベントが開催されました。
050213_ubiquitousTANKENTAIこれは、ユビキタス技術を用いた実証実験です。ICタグと携帯電話を持って会場を動き回ると、携帯電話にその場所の説明がメールされるもの。この企画には静岡県ユビキタスネットワーク社会システム研究会の一員として協力しとります。
ICタグに書き込まれた属性(正確にはICタグに記録された番号と属性情報をサーバーで合致させているのだけれども)に従って適切な情報提示がされる仕組みです。子どもなら簡単な言葉で、アメリカ人なら英語で、大阪人なら関西弁で・・・ということです。身体障害なども属性として定義すれば、必要な手当てがなされるものです。また、どのような属性の人がどこにいるのか、どこを通ったのかという情報が蓄積されます。

|

« 新潟中越地震の支援活動報告(雪掘り) | トップページ | 災害情報支援システム研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66115/3259813

この記事へのトラックバック一覧です: ユビキタス探検隊:

« 新潟中越地震の支援活動報告(雪掘り) | トップページ | 災害情報支援システム研究会 »